【オデッセイRB3】ヘッドライトリフレッシュ

[スポンサーリンク]


ヘッドライトの黄ばみ


RB3のヘッドライトが黄ばんで来ました
紫外線などによる経年劣化で、くすんで来ますよね 涙

このぐらいの黄ばみやくすみなら、車検で光量不足で通らないということはないです
が、
このライトの見た目って車がどうしても古く見えてしまいます

フロントライトの前面の状態が特に悪いです
当然サイドも同じ症状ですが・・・

[スポンサーリンク]


ヘッドライトの黄ばみを消す


今回は市販されている商品を使ってDIYで綺麗にしたいと思います


SOFT99 LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ


SOFT99さんのヘッドライトリフレッシュを使って、綺麗にしていきます
最近ではヘッドライトの黄ばみとりとして、沢山商品が出ていますが
その商品の中でも定番商品としてロングセラーとなっているアイテムです

[スポンサーリンク]

Amazon | SOFT99 ( ソフト99 ) LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 03133 [HTRC3] | 車&バイク | 車&バイク
SOFT99 ( ソフト99 ) LIGHT ONE ヘッドライトリフレッシュ 03133 が車&バイクストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

この商品は2液仕様となっています
ベースクリーナーで黄ばみやくもりを取ります
その後ハードトップコートで、ライト表面をコーティングする仕様です


マスキング


ヘッドライト周辺をマスキングしていきます
正直傷取りのかなり細かい目のコンパウンドなので、そこまで気を使う必要はないかなとは思います
ただ、何かあった時に嫌なので、周辺はしっかりマスキングテープを貼って作業をします


ヘッドライトの汚れ落とし


磨く前に汚れを落とします

本当は流水で、砂やホコリを落とした後、脱脂したほうがいいと思います
今回はシリコンオフでいきなり、汚れを落としました

この時点で汚れが凄いことが分かります 笑


ベースクリーナーで黄ばみ落とし


ベースクリーナーで黄ばみを消していきます
超細目のコンパウンドで、劣化によって生じた細かな傷や溝を落とすことで消えます

コンパウンドで磨く際には力は入れません
というより、細かな粒子なので削っているので、力を入れても変わらないです
力を入れるよりも、気長に何回も何回も磨くことが大事です

ということで30分も掛け、右側のレンズの磨きが完了です
左側と比べると、レンズの中がシッカリ見えるようになったのが分かります

さらに30分程かけて、左側のレンズも磨きました
途中休憩はたっぷりとりながらの一時間です 笑

レンズですが最初と比べると明らかに綺麗になったのが分かります
傷や溝が削られ、その隙間に入っていた汚れが取れたのでクリアになっています


ハードトップコートで保護


磨き終わったのでハードトップコートを塗っていきます
磨いたライトカバーはプラスチックが剥き出しなので、また劣化もし易い状況です
なので、このハードトップコートで保護膜を作ります

スポンジ付きの布面で一度、トップコートを塗ります
その後1分程放置した後、スポンジの反対面の布面で拭き取ります
この商品のコーティングだと6ヶ月程保護が持続するようです

[スポンサーリンク]


ヘッドライトの透明度が復活


ヘッドライトリフレッシュでヘッドライトの透明度をかなり復活することが出来ました
最近ではスチーム型の商品なども出ていますが、こういったお手頃製品を使い自分で汗を書くのが性にあります
貧乏人の僻み発言 笑

前後を比較するとかなり綺麗になっているのが分かります
多少時間は掛かる作業ですが、難易度が低くて手軽なのがいいですね

やはりレンズが綺麗だと、車自体も新しく綺麗に見えます
ま、今が一番綺麗な瞬間でもあるのですが 笑

また黄ばみが見えてきたら、同じ様なメンテナンスをしようと思います
見た目が見違えて、満足な作業でした

[スポンサーリンク]

[スポンサーリンク]
▼家でスペースを取ってしまう工具や不要パーツを貸しガレージに保管▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました